国内の地域によるバストの差

国内の地域によるバストの差

日本全国のバストの大きさの平均はB~Cカップであると言われています。
そのため、下着売り場などに行くとB~Cカップ用のブラジャーが最も多く置かれていますね。
そんな日本人のバストですが、実は国内の都道府県によってバストの大きさに若干の差があるのです。
どういうことなのでしょうか。

まず、東日本と西日本とで比べてみると、東日本の平均がBカップで、西日本の平均がCカップとなっています。
西日本は、東日本に比べると温かい地域が多く、パパイヤやザクロといった果物が多く取れるようになっています。
パパイヤやザクロは、女性ホルモンの分泌を促す効果があると言われています。
そのため、こうした果物を日常的に入手しやすい西日本のほうがバストアップしやすいのでしょう。
また、身体が冷えることで血行が悪くなり、バストアップを阻害してしまうと言われているため、必然的に温かい地域が多い西日本のほうがバストアップしやすい環境が整っていると考えられます。

では、東日本に住む人たちは引越しでもしなければバストアップできないのかというと、全くそんなわけではありません。
都道府県別でバストの大きさを比較したところ、寒い地域である岩手県が、最もバストが大きい県であるということがわかりました。
これは、その食生活に秘密があり、岩手県は大豆イソフラボンが豊富に含まれている豆腐の消費量が日本一多いと言われています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンを活性化させるために、バストアップに非常に効果がある成分です。
おそらく豆腐を日常的に摂取しているという生活習慣が、大きなバストを育んでいるのでしょう。

いかがでしょうか?地域でバストの大きさをチェックしてみると、色々なことがわかってきますね。
やはり、日常的に行っている習慣や食生活が、バストアップに大きな影響を与えているということがわかります。
バストが大きいと言われている都道府県をチェックし、その地域の生活習慣や食生活を真似てみると良いかもしれませんね。