タンパク質とバストアップ

タンパク質とバストアップ

バストアップに効果的な栄養素は色々あります。
皆さんがよくご存じであるものとしては、大豆イソフラボンなどが挙げられますが、その他にもバストアップに非常に重要な栄養素はたくさんあります。
その中のひとつが、「タンパク質」です。

タンパク質は、筋肉や骨などを生成するもので、私たちが生きていく上で欠かせないものです。
タンパク質が不足することで、体力が低下してしまったりと、健康を阻害する恐れがありますから、積極的に摂取することが大切です。

タンパク質が含まれている食べ物と言えば、肉や魚などが思い浮かぶのではないかと思います。
特に肉類には脂質も多く含まれているために、ダイエットのために控えているという方も多いかもしれませんが、バストアップや美しい肌を作るためには欠かせない栄養素でもありますから、適度に摂取することも大切です。
肉や魚の他にも、チーズや卵、豆腐や納豆などにもタンパク質は含まれていますから、それらをバランスよく摂取すると良いでしょう。
タンパク質は、1日に体重×1gの量が必要と言われています。
体重50kgの方であれば、50gのタンパク質が必要ということです。
バストアップを考えているのであれば、その1.2~1.5倍ほどのタンパク質を摂取するようにすると良いでしょう。

タンパク質以外にも注目していただきたいのがアミノ酸です。
このアミノ酸は、タンパク質を生成する最小成分です。
タンパク質よりも吸収が良いため、積極的に摂取するようにすると良いでしょう。
特に、必須アミノ酸と呼ばれる9種類のアミノ酸は、体内で生成することができないため、食べ物から摂取する必要があります。
そのため、必須アミノ酸を多く含んでいるものを摂取するようにすると、バストアップや健康的な身体づくりに効果的であると考えられます。

いかがでしょうか?普段の食事で簡単に摂取できるタンパク質が、実はバストアップにとても大切な成分であるということがわかっていただけたと思います。
いくらイソフラボンやプエラリアミリフィカなど、バストアップに効果的なものを摂取していても、バストづくりの基礎であるタンパク質が不足していては意味がありません。
まずは、タンパク質をしっかりと摂取するところからはじめましょう。